ED治療薬を個人輸入で購入する際の注意点!

ED治療薬のバイアグラやシアリス、レビトラは、個人輸入であれば処方箋がなくても購入できます。しかし、注意しなければならないポイントがあります。個人輸入を利用して、正しく安全にED治療薬を購入できるように、注意ポイントをまとめました。これから個人輸入を利用しようと考えている方は、是非読んで下さい。

*

国内でED治療薬を入手するには

      2017/12/31

国内で入手できるED治療薬は、バイアグラとレビトラ、シアリスの3種類になります。あとはバイアグラのジェネリックが何種類か販売されており、先発薬より300円ほど安くなっています。

個人輸入を利用して購入する

入手方法は病院で処方を受けるのが一般的ですが、個人輸入という選択肢もあります。個人的に取り寄せできる方法であり、医師の処方箋が不要です。国内では販売していないジェネリックの取り扱いもしており、安価な薬だと1錠100円くらいからあります。

個人輸入は例外的な入手方法であり、近くに病院がなくて困っている人、病院に行く時間がない人、などが利用しています。個人の同意によって購入するシステムであり、処方箋なしで入手できますが違法ではありません。

ただし偽薬を販売している業者が存在しますから、安心できるサイト以外からは購入しないようにしてください。

病院で処方を受け購入する

個人輸入を利用しない場合、医療機関で診察を受けてから処方してもらう流れになり、時間にして10分くらいです。

ED治療は恥ずかしいというイメージがあるでしょうが、基本的に簡単な問診だけで終了します。下半身を見せることは少なく、風邪の診察のように簡単なものです。医療機関で処方を受けるED治療薬は確実に本物なので、安心して服用することができるでしょう。

ED治療の専門クリニックでは、本格的な治療を受けることができます。メンタルケアも行っているので、精神が不安定になることで生じるEDにも効果的です。

この場合は精神安定剤などの治療薬を処方されることがあり、メンタルを安定させていきます。メンタルが不安定になると自律神経に異常が発生し、ストレスを溜めやすい状態になるのです。ストレスは動脈硬化を進行させるので、場合によっては生活習慣病対策も必要となります。