ED治療薬を個人輸入で購入する際の注意点!

ED治療薬のバイアグラやシアリス、レビトラは、個人輸入であれば処方箋がなくても購入できます。しかし、注意しなければならないポイントがあります。個人輸入を利用して、正しく安全にED治療薬を購入できるように、注意ポイントをまとめました。これから個人輸入を利用しようと考えている方は、是非読んで下さい。

*

医師が認可外のED治療薬を処方することができる

   

海外で販売しているジェネリックのED治療薬は安いので、病院で購入したいという患者さんは少なくありません。ジェネリック品は国内の厚労省では認可されていない非正規品なので、これをもし医師が処方しているなら、個人輸入代行通販で入手したものを、独自判断で出していることになります。

処方するためには関東信越厚生局薬事監視専門官に薬監証明申請を提出する必要があります。リスクと手間を考えると処方する病院はほとんど存在しないといえます。
認可外の薬を服用するリスクと処方するリスクについてご紹介します。

認可外の薬を服用するリスク

厚労省が認可していないので、副作用が起こった場合、医薬品副作用被害救済制度の適用外となることです。公的機関から治療費の援助が受けられないので、万が一の際はすべて自費で支払わなければなりません。

また厚労省が認めていないということは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)に基づいた確認はしていないため、人体に害がない、安全な薬かどうかはまったくわかりません。

厚労省未認可のED治療薬は、正規の仕入れルートが存在しないため、医師が処方する場合は、海外からの個人輸入代行通販に注文しなければなりません。ED治療薬は偽物が多いため、悪徳業者に引っかかると、本物とは程遠い、怪しい薬が送られてくる可能性もあります。

認可外の薬を処方するリスク

処方をした患者さんに問題が起こった場合、自己責任となることです。ED治療薬を輸入する際の薬監証明発給概要を読むと、輸入した医療従事者が自己の責任のもと、とはっきり記載されています。

そのうえ輸入したものを処方できるのは輸入者のみなので、同じ医療機関内で輸入者以外の医師が処方することは禁じられています。輸入者以外の医師による処方により、患者さんに健康被害が出た場合のリスクは大変大きくなります。

ED治療薬のジェネリック品は、世界中で人気なので、悪徳業者のターゲットになりやすく、本物とよく似た偽物が多数出回っています。非正規品を平気で処方する医療機関は信用できないので、多少料金は高くても安全に服用できる、本物のED治療薬を処方してくれるところに行きましょう。