ED治療薬を個人輸入で購入する際の注意点!

ED治療薬のバイアグラやシアリス、レビトラは、個人輸入であれば処方箋がなくても購入できます。しかし、注意しなければならないポイントがあります。個人輸入を利用して、正しく安全にED治療薬を購入できるように、注意ポイントをまとめました。これから個人輸入を利用しようと考えている方は、是非読んで下さい。

*

ED治療薬の個人輸入で知っておくこと

   

ED治療薬は、医師が処方してくれることもありますが健康保険の対象外となっているため安価で購入する場合には個人輸入を利用して通販で購入することが一般的です。ただ、個人輸入を利用する場合には知っておくべきこともいくつかありますので留意しておきます。

ED治療薬を個人輸入するさい関税に注意する

まず、ED治療薬を個人輸入で購入する場合には一定の量を超えた場合には関税がかかります。個人輸入で関税対象がかかる額については商品代金と運賃と保険料を合わせた価格の60%が課税対象になります。この場合は16,000円程度の商品までなら税金はかからない仕組みです。

それから、複数の荷物が同時に送られてくる場合においても注意する必要があります。個別では1万円以下であっても、合計で1万円を超えた場合においては課税対象になることを注意します。通関手数料も少しですがかかります。

輸入品については税関などの機関からなんらかの問合せや指示があった場合、利用者の使用目的を正確に伝えたうえで承認を受けるよう意識しておきましょう。嘘を申告すると法的に罰せられる可能性があります。

国の決めたルールに従ってED治療薬を個人輸入する

もう一つ注意するべき点としては、薬事法に違反しないようにすることです。こうした輸入品は厚生労働省が定めたルールによって取り扱いが決められておりそれを厳守する必要があります。

薬事法についての例を挙げると、医薬品の種類によって輸入できる数量には上限が設けられています。さらに、輸入した医薬品の販売や譲渡などについては禁止されているためこれも覚えておくようにします。販売や譲渡の禁止については、人によって輸入品がもとで体調不良を引き起こしたときに問題になることを防ぐ目的があります。

それから、個人輸入をすること自体が禁止されている薬もあることを注意します。怪しいサイトなどがあった場合においては、利用しないようにしましょう。日本国内において禁止されている薬を知らずに個人輸入で利用してしまってトラブルになった事例もあるためです。